サバラガムワ

Sabaragamuwa
スリランカ内陸部の中央山脈南西側、ルフナの北に位置し、豊かな自然、文化遺跡、秘境などが多様性に富んだ地形を形成し、宝石が採掘されるラトゥナプラがあることで知られています。標高600m以下の低地で栽培されるLowGrownTea。ルフナ同様低地産特有の茶葉はサイズが大きく黒っぽいのが特徴で水色は濃く深いコクがあります。キャラメルや蜂蜜のような香りを持ちしっかりした豊かな味わい。

2件の結果を表示中