ヌワラエリヤ

NuwaraEliya
スリランカ中央山脈沿いの高原の街、イギリス植民地時代の名残を残す避暑地として知られています。ウバとディンブラに挟まれたところに位置し、スリランカで最も標高の高い1,800~2,000mで朝晩の寒暖の差が激しく霧に包まれた山岳地帯で収穫される紅茶(ハイグロウンティー)です。発酵度が低く、淡いオレンジ色、緑茶を思わせる青々とした若葉の香りが特徴です。
高品質な茶葉は強く華やかな香りがありセイロンティーのシャンパンとも呼ばれています。

3件の結果を表示中