ルフナ

Ruhuna
スリランカ南西部の標高2000フィート(約610m)以下の地域に広がる低産地(ローグロウン)の紅茶です。ルフナとは現地シンハラ語で『南』という意味でディンブラのある山岳地帯をさらに南下したところから始まり、宝石で有名なラトゥナプラや島の最南端マータラ、世界遺産の街並でも知られるゴール周辺まで広がっています。高温多湿な熱帯雨林で育つため葉が大きく発酵に時間がかかるため独特のスモーキーフレーバーと濃く重みのある強い味がありながら渋みが少ないの特徴です。

2件の結果を表示中